コーヒーの祭典、SCAJ2016に行ってきました!

コーヒー業界で一番大きいイベントと言われる、SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)に行ってきました。
年に一度、東京ビッグサイトで行われます。

 

このイベントでは、日々練習を積み重ねているバリスタが競い合う大会が行われたり、
コーヒーにまつわる機械や器具、焙煎所などが一堂に会し、
それぞれのブースで自社の商品をプレゼンしたりします。
全国のコーヒーも飲めるし(無料で!)、緊迫した競技も見れるし、最先端の器具も触れるしで、
コーヒー関連にたずさわる人だけでなく、コーヒーが好きな一般の人もたくさん来場してました。
私自身はアツいコーヒーマニアではないけれど、それでもこの熱気と充実の内容には少し興奮…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、バリスタによる競技会の様子。
押上にある「unlimited coffee bar」の女性バリスタが出ておられました。
持ち時間、1人10分ほど。
この日の為に選んだ珈琲豆の特徴や理由などを説明しながら、エスプレッソとラテを提供。

 

競技会で優秀な成績を収めたりすると、バリスタとして活躍の幅も増えるし、
ひいてはそのお店の業績まで左右するので、毎年熾烈な戦いです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マルゾッコ(エスプレッソマシン)のブースでは、渋谷「fuglen tokyo」のオーナーバリスタ小島さんが。
そのお隣では名古屋「TRUNK COFFEE」のオーナーバリスタ鈴木さんも。
どちらも、今のコーヒー界を牽引する若き名手。

その二人が並んで淹れてるなんて!贅沢〜。
もちろん、ラテとエスプレッソを一杯ずつ頂きました。うしし笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、今回一番興奮したのはこれかもしれない。

最新のHARIOのコーヒーメーカーで、タッチパネルで細かな設定が可能。
例えば、蒸らし30秒、その後75度のお湯を3回に分けて注ぐ…、とか。
もう、これで淹れたコーヒーが美味しいのなんのって!

 

ちなみに、バリスタが入れたレシピをそのまま利用することもできるから、難しい知識は不要。
去年の年末頃から、百貨店や電機量販店で売っているそう。

 

朝はこれで淹れて、時間のある時は自分で淹れる。理想だな〜

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です