岩崎俊一氏「昭和というたからもの」を観に。

「昭和というたからもの」という、岩崎俊一さんという方の展示を観に池袋へ。

東急沿線で月1で配布されている「salus」というフリーペーパーが好きなんですが、
そこでコピーライターの岩崎さんがエッセイを書かれていて。
視点や考え方が深くてすてきな方だなと思っていました。

実は先日、岩崎さんが亡くなられました。
私が展示会に興味を持っていた矢先のこと。

 

60点ほどのコピーを見ながら、何度か鼻の奥がツーンとなるのをこらえました。

昔は良かったとただただ懐古主義になるつもりはありませんが、
いいものは大切に残し、つないでいきたい。

 

岩崎俊一さん、ありがとうございました。
どうか安らかに。

(写真は許可を得ています)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です