“究極のエッグサンド”を生んだLA発祥の卵料理専門店「eggslut」が日本初上陸!

9/13(金)、“究極のエッグサンド”と話題の卵料理専門店「eggslut(エッグスラット)」が、日本初上陸した。場所は、新宿駅南口すぐにある新宿サザンテラス。

同店では、アメリカ本店のこだわりを踏襲し、全国から厳選した“平飼い卵”のみ使用。エッグサンドの具材になるスクランブルエッグは、発酵バターとともにゆっくり火入れしながら細かく攪拌することで、極めて柔らかくトロトロに仕上げている。バンズは日本の自社工場で焼き上げていて、何度も本国と調整しながら試行錯誤したのちに完成したとのこと。

訪れたらぜひ味わいたいのが、日本のみで販売されている「ルート20」。バンズの間にはチェダーチーズや、スクランブルエッグ、ビーフパティ、ピクルスなどをたっぷりとサンド。半熟に焼かれた卵はとろりと濃厚でありながら、後味にクセがない。

アメリカ本店の看板メニュー「フェアファックスサンド」もオーダー可能。こちらには肉系の具材が入っていないため、卵を堪能したい方にオススメ。

同店の入る施設内にはブーランジェリー「BOUL’ANGE」と、ロブスターロール専門店「LUKE’S LOBSTER」もあり、店内はフードコートのように自由に席が選べるスタイル。

秋の心地よい風が吹き、少しお出かけがしやすくなってきた今日この頃。アメリカのこだわりと、日本のこだわりがぶつかり合って生まれた、本気のエッグサンドを堪能しに足を運んでみては。

 

◆eggslut(エッグスラット) 新宿サザンテラス店

住所:東京都渋谷区代々木2-2-1 新宿サザンテラス内
営業時間:7:30~22:00(LUKE’S LOBSTER のみ10:00~21:00)
定休日:不定休
席数:1階は22席+スタンディング、テラス20席、2階は17席、テラス20席

 

日本オリジナル商品「ルート20」(1180円+税)。スクランブルエッグと半熟卵のダブルエッグは圧巻。“ルート20”というのは、同店の目の前にある国道20号線に由来している。

アメリカ本店の看板メニュー「フェアファックスサンド」(880円+税)。キッチンカーとしてスタートした同店が、初めて店を開いた通りの名がフェアファックスなのだそう。

“LAセレブに愛される朝食”とも呼ばれ、現地で大流行したエッグスラット「SLUT(スラット)」(850円+税)も、同店発のメニュー。

瓶の中にたっぷりと入れられたエッグスラットは、発酵バターがよい香り。

エッグサンドが作られるオープンキッチンと、開放的な店内。

.

.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です