東京カフェ紹介:食べものと日用品 WAO@金町【訪問カフェ1219軒目】

 

葛飾区柴又の北側、JR常磐線 金町駅から徒歩8分の場所にあるカフェ「食べものと日用品 WAO」。

白ベースの小じんまりとした空間に、アンティークの家具や雑貨が並んでいます。席数は8つと広くはありませんが、本棚に並ぶ暮らしにまつわる本や雑誌、店内に流れる音楽、スタッフのにこやかな接客などから、心地よい空気感を感じます。

 

メニューは日替わりで、グラスに入った「いちごのヴァシュラン」と、定番メニュー「シフォンケーキ」、期間限定「ミルフォイユ」、ひな祭りの日限定の「おひなさまクッキー」を注文。私はそんなに大量に食べる方ではないので、プレートが運ばれてきた時は「食べきれるかな…」と一瞬心配になりましたが、気づいた時にはお皿の上はきれいに空になっていました。笑

「食べものと日用品 WAO」のスイーツからは、ひとつひとつを考え抜いた素晴らしさも感じましたが、同時に、お母さんが子供に作るおやつに含まれている”愛情”や”安心感”みたいなものもあるように思いました。気取ったところがなく、食べていてほっとする味わい。それはまるで日々の暮らしを彩りつつ役立ってくれる、職人技の光る日用品と似ているようにも。

シフォンケーキは噂で聞いていた通り、とっても軽くて、しっとりふわふわ。私が一番気に入ってしまったミルフォイユ(ミルフィーユ)は、生地が香ばしくてサクサク!中に挟まれたカスタードクリームと一緒に食べると、香ばしさの後からクリームのコクが追いかけるように口の中で広がり、これまた格別です。

 

ミルクのピッチャーにもほっこり

HPからオンラインで席の予約できますが、予約が取れる1ヶ月先までほぼ満席のよう。ちょうど一ヶ月先の日取りだと比較的取りやすいみたいなので、気になる方はチェックしてみてください。季節が変わったら、私もまた訪れたい!

⚑訪問カフェ1219軒目
食べものと日用品 WAO
最寄駅:京成金町、金町

.

.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です