記事「閉店した喫茶店の家具を次世代につなぐ「喫茶 村田商會」」が公開されました

昭和レトロな喫茶店で使われていた家具や雑貨、うつわ、カトラリーなどを販売している「喫茶 村田商會」を取材。「喫茶店が、喫茶店のものを売る?」その理由には、積年の想いとストーリーがありました。

こちらには2018年の開店当初に一度伺っていたのですが、取材を申し込む前に再度お店を訪れました。そこには変わらず穏やかな空気が流れていて、たとえもしコンセプトなど知らなかったとしても「いいな」と思える時間がそこにありました。その時それがとても重要なことのように思ったのです。

お店としての良さを感じた上で、店主やお店のこだわりや歴史を知ると、そのお店の魅力にもっと惹かれることがあります。興味を持たれた方は、ぜひ記事をご覧になってみてくださいね。

 

閉店した喫茶店の家具を次世代につなぐ「喫茶 村田商會」

.

.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です